幹細胞からインスリン産生細胞を作成 1型糖尿病根治の扉を開ける

2019/2/14付|糖尿病ネットワーク

カリフォルニア大学が、ヒトの幹細胞からベータ細胞と同じ働きをするインスリン産生細胞を作成するのに世界ではじめて成功した 、という記事です。

1型糖尿病のほとんどは、インスリンを産生するベータ細胞が免疫細胞によって攻撃・破壊されることで発症します。 ベータ細胞は膵臓の膵島にあり、現在のところ膵島移植が1型糖尿病患者をインスリン治療から解放する唯一の治療法です。

今回、カリフォルニア大学の研究チームは、分離した膵臓細胞を部分的に分化し、膵島のクラスターを作り、 体に自然に備わっているベータ細胞と同じ働きをするインスリン産生細胞を作り出すのに成功したそうです。

当サイトで紹介している第2種再生医療幹細胞治療)は1型 糖尿病 でも効果が認められる場合がありますが、主に2型 糖尿病 を対象とした治療です。再生医療の進展により、不治の病である1型糖尿病の完治にも希望が出てきましたね。

<元の記事>

http://www.dm-net.co.jp/calendar/2019/028906.php