時間栄養学と体内時計遺伝子

時間栄養学とは、時間に従って変化する心身の栄養を研究する学問です。2017年にノーベル賞を受賞した米国の3博士により時計遺伝子が発見され、発展しました。

私たちの体は、夜明けの約4時間前から睡眠のホルモンであるメラトニンの量が減り、活動に必要な副腎皮質ホルモンの量が増加して行きます。つまり、日の出に気付いて起きるのではなく、体内時計が体調を整えているのです。

中枢時計遺伝子と抹消時計遺伝子

時計遺伝子は全身の細胞全てに存在しますが、それを統一してコントロールするのが、脳にある「中枢時計遺伝子」です。これに対し、全身の細胞にあるのが「抹消時計遺伝子」です。

中枢時計遺伝子は光(朝日)で時計をリセットするのに対し、小腸や肝臓などに局在する抹消時計遺伝子は摂食(朝食)でリセットされます。

朝の光と朝食で体内時計が補正され、24時間のリズムが作られる訳です。

糖尿病と時間栄養学的な朝食の重要性

糖尿病治療の一環でカロリー制限を実施する場合、朝食を抜くのは、時間栄養学的によろしくありません。朝食欠食により、時計遺伝子がエネルギー不足の危険を予測して、エネルギー消費量を極力抑えて貯蔵エネルギーを増加させてしまうからです。事実、朝食欠食者は、肥満となる確率が、朝食をとった人よりも5倍も高いそうです。

これは、朝食がキーとなる抹消時計遺伝子からのリセット情報が中枢時計遺伝子に届かないためでしょうか。そのように考えると、納得できます。

※この記事は、当サイト運営者が自分の勉強のため調べたことを、せっかくなので共有するものです。日本糖尿病協会の月刊誌『さかえ』2018年4月号の記事を参考にしました。