幹細胞で心筋梗塞治療、ウサギで効果確認 岐阜大・東北大

2018/3/6付|日経新聞

「Muse(ミューズ)細胞」と呼ぶ幹細胞を点滴で投与し、急性心筋梗塞のウサギを治療できたと、という記事です。

Muse細胞は幹細胞の一種で、体内の骨髄などにわずかに含まれ、体の様々な細胞に育つ能力があります。

ウサギやヒトの骨髄から取り出したMuse細胞を培養し、急性心筋梗塞を起こしたウサギに約30万個を点滴で投与したところ、心機能の回復などの効果が半年以上の長期にわたって確認できたそうです。

投与したMuse細胞は心臓の障害が起こった場所に集まり、心筋の一部に育ったとみられるそうです。細胞が壊れたときに膜の一部が変化してできる物質によって、Muse細胞が引き寄せられると研究チームは分析しています。

当サイトで紹介している糖尿病幹細胞治療も、培養した幹細胞を点滴で投与します。投与した幹細胞は血液に乗って全身を巡りますが、上記の仕組みで糖尿病の原因となっている膵臓などの障害部分に集まり、修復を行うのですね。

<元の記事>

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27746750W8A300C1X90000/